心配している男性

性感染症(STD)といわれても、自分には関係のない話だと思っている方もいるかもしれません。ですが関係ないと思って油断していると、気が付かないうちにSTDになってしまうというケースも見られます。特にクラミジアは、日本一感染率の高いSTDになっています。気付いてから後悔することがないようにするためにも、どのような対策ができるのか把握しておきましょう。

実際にクラミジアの対策を行ううえで最も大切なことが、予防を行うという点です。もしも感染の疑いのある異性がいるのであれば、その相手との性行為は避けることが大切です。過去に多くの性行為の経験がある異性の場合だと、STDを持っている相手と交わっている可能性も出てきます。そのような相手とのかかわりを避けることによって、自分がかかるリスクを減らすことにつながります。また、経験が少ない異性と性行為をする場合にも、注意するべき点があります。その注意点といえるのが、コンドームを利用するという点です。女性がピルを飲んでいるから、妊娠のリスクはないのでコンドームの利用は必要ないというイメージを持っている方も多く見られます。しかしコンドームの利用には、STDを防ぐなどの役割も存在しています。リスクに備えるためにも、コンドームは忘れずに使用することが大切です。

もしもクラミジアに感染してしまった場合には、治療薬で対策を行うことが可能です。また治療は故人だけの問題ではなく、相手も含めて対策していくことが大切です。クラミジアにかかった可能性がある相手同士が治療をしっかりと受けることによって、STDの感染を食い止めることにもつながります。

そしてクラミジアの感染対策で忘れてはいけない点の1つが、正しい知識を持って対応するという点です。誤った知識や思い込みによって、感染が拡大してしまうというケースも多いのです。それぞれが正しい知識を持って行動することで、被害を最低限に食い止めることにもつながります。自分が感染の被害者や加害者にならないようにするためにも、必要な知識を身に付けるようにしましょう。また、クラミジアにおいて大切な点の1つが、自覚を持つという点です。酔った勢いで性行為に及び、感染してしまうというケースも見られます。酔って注意力が散漫になってしまったとしても、感染してから後悔しても遅いのです。性行為後に後悔しないようにするためにも、常に自分の行動に注意して生活することを忘れてはいけません。